Archive for the ‘エステ選びのポイント’ Category

良い勧誘と悪い勧誘とは

♥ , 良い勧誘と悪い勧誘とは はコメントを受け付けていません。

エステサロンでの契約を巡っては、これまでかなり多くの事例が消費者相談センターに寄せられています。
それらの内容としては、しつこく勧誘を受けて無理やり高額のローンを組まされてしまったというようなものや、契約をしたけれども思っていたようなサービス内容ではなかったというようなものがほとんどです。
渋谷のようなエステサロン激戦区にあっては大変すぐれた技術やサービス水準を維持しているサロンがある一方で、残念なことに悪質な営業によって消費者から望まない契約を引き出しているお店も見かけられます。
お試しコースとして初回に利用をしたときなどにはかなり強い勧誘を受けるという場合がほとんどです。
ですがエステサロンもボランティアではありませんから、熱心に営業をするということ自体は咎められるものではありません。
そこでエステサロンから受ける勧誘のうち、適切なものと悪質なものとを見分けるためのポイントをいくつか紹介していきます。

まず一番注意をしなくてはいけないのが、契約を急がせたり半ば脅しのような文句で勧誘をするようなサロンです。
勧誘にあまりにも長い時間をかけてきてなかなか帰してくれないというサロンも要注意です。
よくある例としては、「今日限りの限定プランなので今を逃すと絶対に入会できない」といった今すぐ契約をしなくてはいけないような言い方をするという例です。
やり方はいろいろですが、とにかく契約させてしまえとばかりに急がせるようなサロンは大抵よくない営業をしています。
加えて「このままでは数カ月後にはシワだらけになる」といったような脅し文句をかけてくるというケースもよくある手です。
それとマッサージ系のエステでは施術前にガウンなどに着替えることになりますが、そのスタイルになったところで営業トークを開始して1時間以上も帰さないというようなこともあるようです。
もし強引な契約を受けたときには、はっきりといらないという意志を示すかもしくは後で返事をするというふうにその場ですぐに契約をしてしまわないことが大切です。

反対によい勧誘ですが、こちらは担当する美容カウンセラーがきちんと肌などの体質を分析し、その上でプランを勧めてくれるといった場合が当てはまります。
中には熱心すぎてちょっと長い時間引き止めてしまうような人もいるようですが、話の内容がきちんと利用者の側に立った提案であるかどうかで判断をするのがよい見分け方といえるでしょう。